イレブンカットで働くのに必要なスキルについて


就職活動は早ければ早い方が良いです。
理想としては、小学校の時から企業研究をした方が良いかもしれませんね。
その企業に入るために必要なスキルを身に付けるために、
中学校や高校、大学を選びたいところです。
特に、技術系の仕事は子供の時から修行しておきたいところです。
料理人になるなら、子供の時から色々と料理の勉強をしないといけません。
家業を継ぐなら、色々と家の手伝いをしておきたいところですね。

美容師になるのでしたら、2年制の美容学校や短期大学に進むことが多いです。
そうした2年制の学校の就職活動は
1年の秋からスタートすることが多いのではないでしょうか。
企業のエントリーは3月1日から、選考開始は6月1日からです。
秋頃から情報収集し、必要なスキルを磨いて、
3月にエントリー、6月に試験を受けて、
夏が終わるまでに内定を勝ち取るケースが多いと思います。
イレブンカットも同様に、
夏ごろから内定を勝ち取る方が続出している模様です。

美容師になるために子供の時からできる準備はあまりありません。
カット技術を身に付けたいところですが、
そうした練習はほとんど出来ません。
カットは出来ませんがそれ以外の練習は可能です。
某ブログによると、
必要なのはブレない手の軸が必要と書いてありました。
パーマをかける練習やヘアブラシの練習、正しい体軸の取り方など、
かなり地味ですが色々と鍛える項目はありそうです。
そうした基礎さえ出来ていれば、
美容学校でのカット練習もスンナリ行くかもしれませんよ。

腱鞘炎にならないためのシャンプーの練習もしたいところですが、
残念ながらイレブンカットは人の手でシャンプーをしません。
イレブンカットは機械のフルオートでお客さんの髪を洗います。
ブローは手動ですのでドライヤーの技術は身に付けましょう。

就職活動は情報収集だけでなく、
必要なスキルを身に付けることも含まれます。
イレブンカットで働くのに必要なスキルは、
シャンプー以外でいくつもありますので是非、
学生の間に身に付けて、イレブンカットに応募してください。